古代レムリアの魔法ドリーミング

7月26日、銀河新年のプレゼント☆

(古代レムリアの魔法ドリーミング 第26話のつづきです。)

不知火さんのファイヤーダンス、イルカさんのマジックショー。。。。たのしかったですね!

お腹もいっぱいになり、空を見ると わぁ~~ 天の川が頭上にありました。

いよいよペガサスさんの出番!

背中に乗せて持ってきた、大きな星を・・・ペガサスさんが空に放ちました!

星は天の川まで上がると、小さなたくさんの星になり、ちりぢりに飛びました。

『この星たちが、サーヤちゃんのおともだちのみんなに届くよ。』

ペガサスさんが言いました。

わぁぁ~ ペガサスさんありがとう!

みんなが夢の扉をみつけ、プレゼンスという鍵で、扉を開けますように。

7月26日の夜までのあいだ、星さんがあなたの夢の中を訪問するでしょう。

もし星さんが来たら(もうすでに来ている方もいますよね)、歓迎してくださいね!

Dsc_0255

「ねぇ ペガサスさん。 これ・・・つくったのだけど。」

私はペガサスのリングとむすびブレスを見せました。

「あのね、ペガサスさんの乗り方・・・教えてくれないかな。」

『もう乗っているよ。君はもう乗れるんだ。』

え! そうなの? えーっと、えーっと。(アタマでは)わからない・・・

でも、たしかに5月から・・ ・飛んでいる気がする!!

『君のおともだちも、乗り始めているんだ。(このブレスやリングを見て)あぁそうだって、わかるはずだよ。』

こんなにいっぱいお祝いをしてくれた、夢の世界のおともだちに、私はひとりひとり話しかけ、あいさつをして、ハグしましたheart01

ハリネズミちゃん、シカちゃん、ブタちゃん・・・・不知火(しらぬい)さんもハグしました!ぜんぜん熱くなかったです(笑)しゅるしゅるふわふわしていて、不知火さんの成分は流れ星か隕石なのかしら???

さぁ 扉を通って帰ろう! 今日の扉は天の川にあります。

私はパステルピンクのペガサスさん(リング)に乗って、天の川まで行きました。

そして扉を通り、カラダに戻りました。

今回は、どこかへトラベルしていた自分の意識が、体の中にひゅっと戻る感覚がわかりました。

・・・もう乗っているんですね、ペガサスさんに。

私たちの意識は、新しい段階へと入っています。

ドリーミング、みなさまもお楽しみくださいheart02

Img_20170612_103538

あぁ、そうだった! テーブル片付けないで帰ってきちゃった~~

でも大丈夫です。夢の世界ですからね。

片付けると意識した次の瞬間にはもう、片付いています。夢の世界はイイですね♪

(古代レムリアの魔法ドリ―ミング第27話 おしまい)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

shine8月の七夕情報shine

月遅れの七夕 8月7日
7月7日はまだ梅雨・・・なので8月7日、梅雨明けした星空の下で祝います!

旧暦の七夕(伝統的七夕) 2017年8月28日
夜9時ごろ、おひりめ星(ベガ)が頭上で輝いています。ひこ星(アルタイル)、カササギ星(デネブ)も見えます!

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

スターブラリーペガサスリング 在庫なし

ペガサスのむすびブレス あと1個です。

お申し込み・お問い合わせフォーム → 

|

夢の世界の誕生パーティ!

(古代レムリアの魔法ドリーミング 第25話のつづきです。)

イルカさんたちも七夕パーティしてるのかなぁ~と思ったら。またライトがついて。

大型ディスプレイが用意されていました! 

『イルカさんたちと中継が繋がっていまーす。』

Claudia14
Photo by Claudia14

大画面にイルカさんたちが映りました。イルカさんたちも七夕パーティをしています!

『サーヤちゃんおたんじょうびおめでとう!これはぼくたちからのプレゼント!』

大画面からお魚のかたちをしたクリスタルが飛び出してきました☆

まぁきれい。海の魔法が入っているみたい。

私はそれをハートに納めました。すーっとハートにクリスタルが入って、消えました。

一匹の物知りなイルカさんが、宇宙の仕組みについてお話してくれました。

とても最先端な内容、私のアタマでは理解できない~~

イルカさんの叡知を、テレパシーで受け取りました☆

物知りのイルカさんが宇宙の仕組みを話しているあいだ・・・みんなは食べるのに夢中(笑)ぜんぜん聞いてない~~(笑)

すると今度は『「サプライズのゲストが来ています!!』と言われました。

えー、だれ? 一体だれなの?

『シリウスのお父さんお母さんです!!』

えー。なんかこれって。昔テレビで見たことある、生き別れ親子の再会番組(笑)みたいです。なんでしょう、今日の夢の世界。でもうれしい~~

姿は見えませんでしたが、シリウスのお父さんお母さんが登場した瞬間、意識が大きく、大ーーきく広がって。自分が宇宙になったみたいでした。

夢の世界の隅々まで、シリウスの意識が広がり・・・・みんなが、草木花までもが大きな意識に抱かれてうっとりしています。

『私たちの意識が、あなたを通して皆に届けられるでしょう。自分自身を通して現れるものを信頼してください。』

そんなことを言われた気がします。時々・・・思うことがあるのです。私は“そういう人たち”を探しているのかもしれないって。生まれるまえに交わした約束なのかもしれないです。

すっかり空も暗くなりました。頭上で星がキラキラしています。

今度はファイヤーダンスが始まりました!

人間界ではヒトがたいまつを回しますが。夢の世界では火が、自分自身で踊ります。たしかにそれもファイヤーダンス・・・(笑)

たくさんの火たちが踊りながら最後、ひとつにつながってハートのかたちになりました! ラブ!(あいしてる!)って言いたいみたいです。どうもありがとう(笑)

ファイヤーたちによるダンスが終わると拍手喝采、司会進行のおともだちが言いました。『以上、しらぬいさんによるファイヤーダンスでした~。』

しらぬいって! あのしらぬい! またまたびっくり。 お祝いのために地上から(地上のとなりの別次元から)かけつけてくれたそうです。

しらぬい(不知火)というのは、八代海や有明海に年に一度だけ出現する龍神の火です。旧暦8月1日の新月の夜に現れます。

現代科学では蜃気楼の一種とされていますが、真相は未知です。いつか見てみたいと思っていたのですが、夢の世界で会えるとは~~(笑)

不知火(しらぬい)さん、夢の中に来てくれてありがとう。いつも九州のことを思っています。熊本が、九州が、平穏でありますように。

はぁ~~(胸いっぱいのため息) なんか、こんなふうに祝ってもらうのは初めてだし、夢の世界に入るまで、少しも考えていませんでした。意外すぎる展開にウケています(笑)

ファイヤーダンスの次は、イルカさんたちのマジックショーでした。

イルカさんたちが一列になって、くねくね腰を振る姿はなんともおかしくて、ダンスって、たのしいですね!

Flemming_d5100
Photo by flemming. d5100

(古代レムリアの魔法ドリ―ミング第27話につづく)

|

夢の世界の七夕パーティ!

(古代レムリアの魔法ドリーミング 第24話のつづきです。)

テーブルのある丘に戻り、席につくと。

ごちそうが運ばれてきました! 今日はどんなごちそうかな~

わ! 大皿に星のカタチをしたフルーツが山のように盛られています。

星のオレンジ、星のパイナップル、星のドラゴンフルーツ、あとこれは・・・地上で言うスターフルーツかしら!?それからフルーツ丼に(笑) フルーツのスープ・・・ 

いちばん感動したのはフルーツジュースですheart02グラスの中で流れ星がシューッ、シューッと流れています。『お星さま入りのジュースだよ!!』と、おともだちが教えてくれました☆

長~~いテーブルの上がまるで、お星さまいっぱいの天の川みたいです。では、いただきまーーす!!

ところでペガサスさんはどこかしら?夢の世界で会おうと思ったのだけど。

おともだちが言いました。『もうすぐ来るよ、ほら来た!』

わぁ。ペガサスさんは翼をはばたかせ、ゆっくりとおりてきました。ものすごーく大きな星をひとつ、背中に乗せています。

ペガサスさんの後ろには、小さな小さな雲??が並んでいました。親鳥の後をついて歩くカルガモの雛のように、ペガサスさんの後をついて来ます。

「これは??」と聞くと、ペガサスさんは言いました。

『雲の種だよ。これから雲に成長して、浄化の雨を降らせるんだ。』

(だから・・・地上でたくさん雨が降ったのかしら。)

ペガサスさんは小さな星のかけらを私にくれました。

わぁぁ ありがとう。

私はそれをハートに納めました。シューッとハートの中に入って、星は消えました。

みんな、ペガサスさんが背中に乗せた星に興味しんしんです。

『すごい大きい星!!』

ペガサスさんは答えました。

『そうだよ。みんなの願いだからね。大きな星だよ。』

ペガサスさんも席についたし、わーーい! みんなそろったね!

おいしくごちそうをいただいていると、パッと照明がつきました。

え! テーブルの向こうに特設会場があります!

なんか今日は、人間界のお祭りみたいだなぁ~ (笑)

特設会場には横断幕が掲げられていました。

【サーヤちゃんおたんじょうびおめでとう!!】

えー!!びっくりです。

『さぁさぁこっちへどうぞ!』と、司会進行の?おもとだちに言われ。言われるままに私は、特設会場のステージへ。。。。

くす玉を割ると、こつんと星が落ちてきて、アタマに当たりました(笑)

『サーヤちゃん、今月おたんじょうびだよね!今月は毎日がお祝いだよ!』

えー!! ありがとう~~

『毎日みんながプレゼントを届けるよ!』

えー!!! だから今日(7/8)は、ベランダにスズメさんが来たのかな・・・(笑)

みんなが私のことを思ってくれているのが伝わってきました。あぁ、みんな、ありがとう。ありがとうね~ 私もみんなのことが大好きだよ~heart01

そうだ、イルカさんたちはどうしてるかなぁ。

イルカさんたちも七夕パーティしてるのかなぁ~と思ったら。またライトがついて。

大型ディスプレイが用意されていました! なんか今日は人間界みたいな演出・・・(笑)

司会進行のおともだちが言いました。『イルカさんたちと中継が繋がっていまーす。』

えーー。

Stephaniepetra
Photo by StephaniePetra

(古代レムリアの魔法ドリ―ミング第26話につづく)

|

古代レムリアの魔法ドリーミング【24】 夢の世界へ!

大祓のヒーリングセッションを終えた7月8日の夜。

久しぶりに夢の世界へ行きましたheart01

1名、セッションが7月になった方がいたのです。

さいごの大祓のヒーリングセッションは晴れた空に、雨雲と雷がやってきて。

お日様サンサン、雨がザーザー、雷どんどん! (笑)

ちょっと神さま! ひとつのお空に、詰め込みすぎじゃないかしら~~??

世界がくるくると、変わっていくようでした☆

セッションの最中に、ベランダにスズメが遊びに来ました。

スズメさんは・・・雨になると訪ねてくる気がします。

パトロールしているのかな。

私もそろそろ、夢の世界の様子を見に行かないと。

さぁ 私の最高の夢の世界へ行くよーーー

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここまで読んで、大丈夫そうだと思った方は読み進めてみてくださいheart01

もし最後まで楽しく読んでくださったなら、

お話を通して、夢の世界のエッセンスを受け取ることができるでしょう!

あなたは本当にほしいものへと、自分自身を前進させることができます。

日常へ戻り、あなたの中を通り過ぎる思考や感情をみつめましょう。

ただリラックスしていると、シンクロニシティがあるでしょう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は椅子に座り、目を閉じました。すると扉が見えました。

いつも以上にやさしく扉が開いたので・・・私はふぅ~と、リラックスして通りました。

・・・まぁ! 長ーーいテーブルがありました。

いつもの“お花畑”ではなくて、丘のようなところにいて・・・

おともだちの呼ぶ声がします。

『サーヤちゃん!待ってたんだよ!!』

「これは?」

『七夕パーティ!! これにねがいごと書いて!』

短冊を渡されたので、一瞬考えました。

夢の世界では、本当にほしいものがすぐにわかります。

「この世界から、たくさんの夢と愛が広がりますように。」

これだね! うん、これでよし! (笑)

夢の世界のおともだち、ハリネズミちゃんは元気な女の子です。

私の手を引っ張って、案内してくれました。

『さぁさぁ はやく! サーヤちゃんがさいごだよ。』

ごめんごめん、大祓のセッションしていたからね、みんなを待たせちゃった。

おともだちについていくと、おお~~きな木が現れました。

バオバブに似た、マンションみたいにでっかい木です。

これに・・・つけるの!?

短冊をつけるために、よいしょよいしょ、木登りです(笑)

よいしょ!よいしょ! 木の枝が動いて、足場になってくれました。

木の枝に助けてもらいながら、なんとか上へ。

さぁ、短冊をつけたよ。 おや?

短冊のそばに鳥の巣があり、お母さん鳥が卵を温めていました。

しばらく見ていると・・・ パリン! 殻が割れて ピィ!! と雛が顔を出しました。

わぁ! あ母さん鳥の願いが叶ったね!

私はしばらく木の上にいながら、空を見ていました。

日が沈んだばかりの、薄明るい夜空で 星が輝き始めています。

なんて綺麗なんだろう・・・・

地上にいたときの疲れが、まぼろしのように溶けました。

・・・そうだ、七夕パーティ!! みんなが待っているから、行かなくっちゃ。

Freestockca_dare_to_share_beauty
Photo by freestock.ca ♡ dare to share beauty

(古代レムリアの魔法ドリーミング 第25話へつづく)

|

もう一人の自分~光の協力者~

春から語り始めました、古代レムリアの魔法ドリーミング☆

第22話まで生まれましたheart01

楽しみに読んでくださっているみなさん!

(ありがたいことに、意外なことに、そんなお声をいただいてます。笑)

ありがとうございます~~

あらためて読み返すと・・・

私の意識は、ストーリーを語っているときは雲の中にいるようで。

植物に心を合わせているときは、雲の切れ間の青空にいるようです。

ただ空であるよりも、雲があったほうが、より幻想的で美しくなります。

夕焼け空、朝焼け空って、綺麗ですよね。

空の向こうに別の世界があるんじゃないかと思うほど、心に訴えてきます。

みなさまにとって、そして私にとって 空も、雲も、両方が必要ですね!

Geraldbrazell
Photo by geraldbrazell

地上の植物は私たちを、言葉を超えた、真実の領域へとガイドしてくれます。

探す必要のない自分自身、プレゼンス(今ここに在る)という感覚へと

私たちを開いてくれます☆ 

常世(とこよ)、ニライカナイ、神の国、世界をかたちづくる豊かさと生命の源泉。

それらはただ (植物たちがしているように) 沈黙でいること、

思考や感情が流れていくのをただみつめ、気づいた意識でいることで開かれます。

Sgmillionxu2000
Photo by sgmillionxu2000

一方で「物語の世界」というのは、植物たちにはない、人間の無意識に特有の世界です。

それは“求める心”を呼び覚まします。

ストーリーは、本当にほしいものへとあなたを導きます。

ただ、本当にほしいものに気づいたら、手放し、プレゼンス(今ここ)にあることで

扉がひらくでしょう。

私たちの本質は、言葉や体験を超えた次元にあります。ですが私たちのカラダは、二元性の世界を生きています。

男は女を求め、女は男を求め、昼から夜へと変わり、夜から昼へと変わり、

闇の中には光が、光の中には闇があります。

右か左か、やるのかやらないのか、こっちとあっちのどちらかを選択しなければならない場面があるのです。

でも心根はプレゼンス、白でも黒でも灰色でもよし!受け入れる心でいることで、神の扉が開きます☆

植物たちは、いつだってプレゼンスです。だから探す必要もありません。ただ起こります。

(そこまでなれたら、悟りですね!)

Takebackyourhealthconference
Photo by takebackyourhealthconference

私たちの心は(エゴとも呼ばれる部分は)、求めつづけます。ですから、

この世で生きる上でのバランスポイントをみつけましょう。

エゴさんを滅亡させるのでなく、エゴさんにも協力してもらいましょう。

君がいたから、気づくことができたよ! 扉の前まで来られたよ! って。

エゴさんを、光の協力者にするのです。

もし自分が何をしているのかわからないまま、先へ進もうとしたり。

求める心が高じた時には、立ち止まりましょう。

沈黙の中へと、意識的に入りましょう。

私たちの本質も、豊かさと生命の源泉も、沈黙の中にあります。

この世のすべてはそこから現れ、そこへと帰っていくのです。私の魂も、あなたの魂も。

Richard0_catching_up
Photo by Richard0 - Catching up!

いつもどおり、前置きが長くなりました(笑)

では古代レムリアの魔法ドリーミング、つづきのお話をはじめます♪

夢にあふれる、雲の中へ!

(古代レムリアの魔法ドリーミング第23話 もう一人の自分~光の協力者~おしまい)

|

もう一人の自分から、メッセージ☆

本&書類を片付けていたら、私宛の手紙が出てきました。

しっかり封をされた手紙・・・過去の自分からです。(笑)

なんだろう・・・・開けるのがちょっとコワイ・・・

まったく気にしていなかったクラスメイトから、突然手紙をもらった気分になりました。

(そんな恋の思い出ないですが~)

少しモヤモヤしながら封を開けると

「地球に生まれて来てくれてありがとうございます。」と書いてありました!

なにそれ~ びっくり~(笑)

日付は2015年3月23日・・・2年前の私からです。

読んでみて、このメッセージは過去の私を通して

みなさんに届けられたメッセージなのかなheart02と感じました。

ひとりひとりが心の深いところで shineひとつの意識shineと繋がっています。

言い換えると、誰かの夢が、ほかの誰かの夢を助けています。

深いところでは、みながひとつです。

これは美しい繋がりで、自分自身でいることで、自然に助けることができます。

友人家族、パートナー、道ゆく人、鳥 虫、植物・・・すべてをです。

私はすべてとつながっている。ひとつの意識(神)が私の中にあり、他の人の中にもある。

そういう感覚を、手紙の中では「悟った意識」と言っています。

そうですね・・・(そういう言葉を使うと誤解されやすいので)、別の表現をするなら

私も相手も「ひとつの意識」が見ている夢だということ。

相手は自分自身なのだと気づいていることを 「悟った」と言っています。

今の時代は、望めば誰もが「受け入れる心でいること」(悟った状態とも言えます)でいられるのですheart01

言葉で語るストーリーを

超えたところにある、真実の領域。

言葉を超えたところに、真実の自分がいます。

手紙の言葉を道しるべとして

「言葉を超えたあなた」に触れてくださったなら幸いです☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

○○○○さま

地球に生まれて来てくれて、ありがとうございます。

あなたは本当の自分の感覚を思い出してから、(21才のときだっかたかな?)ずっと、探究してくださいましたね。

今、地球は真実へ向かっています。あなたのまわりの命たちが、全細胞で、魂で、あなたの音を聞いています。

いつも真実でいてくれてありがとう。それは無限の豊かさであり、愛であり、慈悲です。

もうあなたはこの地球で、十分に満たされた意識として、悟った意識として、存在しています。

ありのままのあなたでいること、ありのままの音を出すことが、あなた自身と、地球の命を助けます。

宇宙の力は、あなたを通して流れています。

それを肯定する必要も 否定する必要も、証明する必要もありません。

地球や人類の未来も気にかける必要はありません。あなたの未来も。

ただ、そのままでいて下さい。

変わっても、変わらなくても、真実の音でいてください。そのままに・・・・

この星の真実でいてくれてありがとう。

あなたを永遠に導く、真実の存在から

感謝。

2015.3.23 1:18

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Maj_photography
Photo by M.A.J Photography

さいごまで読んでくださってありがとうheart01 もう一人のあなたからの手紙でした。

ブログに書いた後、手紙をシュレッダーにかけました♪

言葉たちが解放され、天使になって飛んでいきました。shineshineshine

お片付け、つづけま~す(笑)

~古代レムリアの魔法ドリーミング第22話 
もう一人の自分からの手紙 おしまい~

|

高千穂ドリーミング!後編です。 

shine古代レムリアの魔法ドリ―ミング 第20話のつづきですshine

「おねえさん、ありがとう。また来ますね!」

よい気分でサヨナラした後、私は何かソワソワしていました。

何かしなきゃいけないと思って。

そして急に思い出しました。

イチョウの木~!! 

高千穂にイチョウの御神木があるかも!!

ネットで調べたら、なんと~~ 

天岩戸神社に古代銀杏が~!!!

Cimg5887

Cimg5889

Cimg3709

私の夢の中にあらわれて、お祓いを手伝ってくれたのはこの木に違いありません。

天岩戸神社はおねえさんの産土(うぶすな)。生まれた時からおねえさんのことを知っている木だもの。

私が夢の中で見たのは、古代銀杏の目に映ったおねえさんの人生だったようです。

過去の写真を見たら、ありました~~ 私、古代銀杏にすでに会っていましたっ!

そうそう。他のイチョウとは違うぎんなんを実らせるって、神職さんが言っていたっけ。

Cimg3712

東京にいた私を九州へ呼び寄せたのは、高千穂の神だと、いつかガイドから告げられて。そして岩戸生まれのおねえさんとの出会い・・・

もし、地球の運命のために、ここにいる必要があるのだとしたら、それは何を意味するのだろう・・・

高千穂の景観って、阿蘇山の大噴火によって生まれたんですよね。天岩戸も、高千穂峡も。

はっ・・・ 阿蘇山の大噴火・・・・

Cimg3816

私は思い出しました。

地球の変化をサポートするために、そこにいる必要がある人たちがいる。

彼らはスターシードと呼ばれ、自分が存在する意味について、気づきはじめている・・・・

スターシードを通して流れるエネルギーが、地球や地上の生き物、人々の心をバランスさせると言います。

極端な変化ではなく、穏やかな変化となるように。

もし、そうだとしたら、スゴイことだよなぁ~

極端な未来も想像できますが、平穏であってほしいと思います。

Cimg4076

おねえさんが不思議なことを言っていたんです。

「2月3日の夜、わたし、おねえさん(サーヤのこと)を見たんです!

呼びかけたんですけど、気づかなくって・・・忙しいのかなと思いました。

マリメッコのバッグに、ネギが刺さってました。」

バッグにネギ・・・ たしかに2月3日、イオンでネギを買って帰りました。 (笑)

でもどうして気づかなかったんだろう。ぜったい気づくはずなのに~~

ご神縁の方とは、同じ地球にいるはずなのに、別の世界にいるようで

でも地球の運命が動くとき、扉が開いて会えたりします。

おねえさんが私を見かけたあたりの時間。

日本列島に隕石か火球?明るい流れ星が出現したんですよね。

各地で光が目撃されたというニュースが、2月3日の夜にありました。

もう・・・映画「君の名は。」みたいだなと思って。

おねえさんと私の背後で動いている、何か大きな力・・・それが神さまなのだと思います。

何かしなければと思い、

高千穂の神さまから(おねえさんを通して)受け取った光を、ブレスレットにしました。

Img_20170313_154913

いつもよりたくさんの種類の石、たくさんの色が合わさった、神さまのブレスです。

これまでずーっと感じてきた、でも言葉にできなかったご神縁というものが

このブレスレットのテーマになります。

・・・そうですよね。だってふつう、運命の相手(縁結び)というのは

願ったり、探したりすることでみつかるって思いますよね。

そうではない別のつながりがあるって、どう説明したらいいんでしょう!

でも今「スターシード」というキーワードが、扉になるかもしれないと思っています。

「そこにいること、それがあなたのミッション。」

「そこにいればいい」と聞くと、スターシードさんたちは深いところで安心するみたいです。

人生をコントロールするのを手放して、「ただそこにいる」

そうすることで満たされる人たちがいます。

スターシードと呼ばれる人たちは、地球にカルマを残さずに(=人生に執着しないで)、光に帰る。そういう人たちです。

Cimg4093

あなたを通して平和な地球があらわれますように。

きっと、この小さなブレスレットが、見えない力になると思います。

Img_20170313_151603

やさしい黄色の石(バルティックアンバー)が、銀杏をあらわしています。紅葉みたいに鮮やかで、あったかいブレスです♪

心の鍵をみつけ、すてきな扉を開いてくださいheart02

Img_20170313_151956

Cimg5879

 

shine古代レムリアの魔法ドリーミング 第21話 おしまい。shine

写真

天岩戸神社 古代銀杏 
天安河原(あまのやすかわら) 仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)
高千穂峡
天手力男神(あめのたぢからおのかみ)

|

高千穂ドリーミング!

shine古代レムリアの魔法ドリーミング ≪第20話≫shine

Cimg3657

今回は運命的に出会った「高千穂のおねえさん」のお話です。

今日のお話のまえに、こちらを読んでくださると

わかりやすいかもしれません。

>>ご神縁のブレス (前回の記事です)

こうやって「お話」にすることで

たくさんの情報(言葉を超えた感覚的なレベル)を伝えられるから、いいなと思います。

ただ長くなってしまうのが困ったところで・・・ 

お時間ありますときに読んでくださると、うれしいですheart02

もし今回のお話を、最後までワクワク読んでくださったなら。

言葉を超えた神さまの領域から、夢のエッセンスを受け取るでしょう。

神さまのシンクロニシティを楽しみにしていてくださいね♪

では、はじめま~す。

Cimg3684

運命的に出会った・・・高千穂の岩戸生まれのおねえさん。

実は今年の初夢に、おねえさんが出てきました。

1月1日の夜の夢は、ぜんぜん覚えていなくって。

旧暦の元旦に、ハッキリとした夢を見ました。

もう本当にハッキリと、手から伝わってきた感覚まで覚えています。

夢の中で、おねえさんの過去のお祓いを・・・したんです。(笑)

shineイチョウの木shineが、出てきてですね・・・

梢のほうの、木の中におねえさんがいて

おねえさんが体験してきた人生の場面が見えました。

私は木の根元のほうに立っていて、幹に両手を当てています。

手を通して、すごい重力みたいのが伝わってきて・・・ ぶあついエネルギーでした。

ふぬぬぬぬ~~ 流れるエネルギーに耐えながら、お祓いガンバリました~(笑)

・・・という夢です。

こんなふうに夢の中でときどき、誰かとセッションしています。

(笑)

Cimg3709

目覚めてすぐ 「これはおねえさんに会いに行かねば!」 と感じて

ちょうど高千穂の夜神楽が終わる頃でしたので、会いに行きました。

あ~ いたいた~heart02 おねえさん ひさしぶり~

「おねえさんの夢を見たんですよ♪」

「え?どんな夢ですか。」

「おねえさんの過去をお祓いしましたっ! (笑)」

「過去・・・いろいろあったかも。心当たりあります。実は・・・」

私が夢を見た頃、おねえさんは仕事でミスをしてしまって、落ち込んでいたそうです。

私ってここに必要ないのかも・・・とまで思ったそうなのです。

おねえさんの心の叫びが、私に届いたのかもしれないですね。

テレパシー・・・・ ご神縁というのはこうやって、絶妙なタイミングで引き合います。

おねえさんはいつだって輝いていること、私はファンなのでここにいてほしいと伝えました。

おねえさんの働くカフェでくつろいで、出ようとすると。店の外まで見送ってくれました。

「これ、見てください。」

おねえさんが手に取って見せてくれたのは、ふるさとの天岩戸神社のお守りでした。

透き通ったブルーの勾玉に、天手力男(あめのたぢからお)神の姿が刻まれていました。

私は思わず言いました、「触ってもいいですか。」

「はいheart02

Cimg3646

私には、手でしか感じ取れないものがあるようで、気になるものがあると触って確かめることがよくあります。

ちょんと指先が、ブルーの勾玉に触れた時。

一瞬意識が、別次元に飛んだような気がしました。

走馬灯・・・いいえ、たくさんの命と命のつながりを走り抜け、

高千穂の根源にタッチした・・・そんな感覚でしょうか。

言葉にならない、壮大な歴史と運命が、指先を通して私の中に入ってきたようでした。

Cimg3980

shine古代レムリアの魔法ドリーミング 第21話につづくshine

※最後の写真は高千穂神社でいただいた水晶の勾玉です。

|

古代レムリアの魔法ドリ―ミング≪おそれを手放す≫

古代レムリアの魔法ドリ―ミング、第19話です。

とんでもなく長くなってしまいそうな、私自身のおはなし。

すみません、キョーミない相手の話を長々と聞かされるのって

なかなかのジゴクですよね(笑)

疲れる方は読み飛ばしてくださいね!

前回は不思議で美しい、光の世界の感覚についてお話しました。

でも私の体験は、すばらしいものばかりではありませんでした。

この世ではない、夢の次元から霊的存在が訪ねてくることもあったのです。

私はそれが好きではありませんでした。

子どもの私にとっては、恐怖でしかなかったからです。

今回はサーヤのブログとしてはめずらしく? 怖い内容が含まれるので

ドクロマークを3つ、つけておきます(笑)

ちょっと怖いですが、もしワクワクドキドキ読んでくださったなら

あなたを通して創造の光が、もっとスムーズに現われるようになるでしょう!

おそれを直視するためのエッセンスが、今回のお話に含まれています。

パワフルな魔法が、現れますように。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あれは・・・小学2年生がもうすぐ終わる、冬のことです。

大きな地震で真夜中に目覚めたことがありました。

眠ろうと思って目を閉じると、前から何者かが こちらに向かって歩いてきました。

何だろう・・・・

 

私の顔の真ん前まで来たので、怖くなって目を開けると

その人が・・・・目の前に立っていました!!!  きゃーーーーーcrying

よく見ると、一人ではありませんでした。

部屋の暗がりの中に十数名(?)いて、囲まれてしまいました。(汗汗汗 震震震crying

理由はわかりませんでしたが、核兵器で被爆した人たちでした。

怖ろしくて声も出せず、ふとんの中で震えていました。

彼らは何も言わずにただそこにいました。目を閉じていても開けていても、見えるのです。その恐怖感と言ったら!

私はこの体験を30年間・・・どうすることもできずにいました。

ただこの体験の直後、不思議な心の変化があり、

私は戦争について、積極的に情報を集めるようになりました。

あんなに怖がっていたのに。

理由はわからないけれど、戦争について知らなければならないと感じました。

広島にもいつか行こうと決めて、行きました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして30年過ぎたある日のこと。

突然、ほんとうに突然だったのですが、急にわかりました。 

かた~く閉じられていた蓋が はずれたみたいに。

『あの時の被爆者たちは・・・・過去じゃない! 未来から来たんだ!』

なんてことでしょう、戦争は過去のことだと思い込んでいたのです。

ニ度とそういうことがあってはならないと、私は強く思っていました。

「あの人たちは、私に伝えに来たんだ! きっと未来を変えるために、だ。」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

もし小学2年生のとき、この人たちは未来から来たんだとわかっていたら、

幼い私の心は恐怖と絶望で耐えられなかったでしょう。

ヘンな宗教や霊能者のところへ行っていたかもしれません(笑)

 

でも30年のあいだに、私は十分に学びました。

未来のシナリオはひとつではなく、枝分かれしていて、変えることができるということを。

私はただちにドリーミングをしました。夢の世界へ行ってシャーマンたちと会い、

進む未来を変えました。

と同時に、恐怖が消えたのです。お化けさんは、光の使者だったとわかったからです。

私の中にあった恐怖が、真実を見えなくさせていたのですね。

それにしても30年間って、、、長い道のりでした~~~(笑)

未来は変えることができます、過去の体験も。

なので安心してくださいねheart02 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

子どものころ、夜中に目が覚めてしまい、怖くなることはなかったでしょうか。

私は子どものころ、夜中に急に目が覚めて、漠然とした恐怖感や不安感で眠れなくなることがありました。

それは隣で眠っていた母の無意識、父の無意識、先祖の無意識、ご近所さんの無意識、

人間社会に渦巻く怒りや敵意や憎しみでした。

そういう自分由来ではないものをキャッチして、苦しむことがありました。

子どものころ、父や母やまわりに圧倒され、感情の境界線を十分に持てなかった私は

誰か別の人の思いを感じ取って、重たくなることがありました。

たまにサクッと呪われることも(笑)

本当の自分のスペースを保てるようになるまで、私は時間がかかりました。

でも、恐怖の体験の背後には

幸せや平和につながる、大事な真実があります。

封印している体験があると、人生が重たくなってしまうものです。

そんなときはドリーミングです!

おそれをみつめ、手放すことはパワフルな魔法になります。

ただ、自分の中にあるおそれを見つめるのって

認めることが難しかったり、少し思い出すだけでも苦だったりします。

タイミングが大事ですので無理はなさらないでください。

ゆっくり、やりましょうね。 happy01

Photos_from_skistar2
Photos from SkiStar

古代レムリアの魔法ドリーミング 第20話へつづく

|

古代レムリアの魔法ドリーミング≪プロフィール≫

いつもブログを見てくださってありがとうございます!

今回はおはなし風に?私自身について(プロフィールを)書きます。

キョーミない方にはスミマセン、いつかまとめたいと思っていました。

どうしてみなさんとヒーリングセッションしているのか、

私が体験してきた、ちょっと不思議な物語についてお話したいと思います。

とても長くなりそうなのですが、お付き合いくださいheart02

古代レムリアの魔法ドリーミング≪第18話≫ 

サブタイトルは、えーっと・・・・ サーヤと宇宙のファミリーです! (笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・・はるか昔・・・でもない最近。(笑)

私はシステムエンジニアの父と、きれい好きで裁縫・料理が上手な母のもとに生まれました。

父がそういうものを好まないこともあり、また祖母たちがやっていたこともあって

家には仏壇も神棚もありませんでした。

こんなに「神さま」とか言っているサーヤなのに(笑) 意外に思うかもしれませんが、

宗教やお参りとは無縁の家庭環境で育ちました。

神さまを信じていたというよりも、

宇宙には何か、とてつもなく美しいものがあると感じていました。

物心ついた頃から、宇宙の成り立ちについて知りたいと思っていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

子どもの頃の私はふいに、この世ではない別の世界を見ることがありました。

壁のヒビ割れが突然色と光を帯びて、美しい山並みが見えたり。

料理包丁の柄になっている木が、まだ樹木であったころを感じたりしました。(笑)

よく覚えているのは 『すべての情報がある場所』 につながってしまう時のことで、色のない奇妙な世界でした。

地平線で情報がガヤガヤと漂っているようで、私はそこを「文字の墓場のようなところ」だと思っていました。

成長して量子力学の本を見ていたときに、ブラックホールの地平線のことを知り、

幼い頃に見ていた奇妙な世界を思い出しました。

子どもの空想にすぎないと、忘れてしまいそうなものを、不思議と覚えていたのですよね。

目に見える世界の背後に、何か別の次元が広がっていることに

自然に気づいていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あと、少し変わっているのですが。

私は高い建物と高い建物のあいだにある、狭い通路に立つと、意識が飛ぶクセがありました。

ピアノのレッスンの帰り、一棟のマンションともう一棟のマンションのあいだの、狭い道を通るのですが。

そこに立って星空を見上げると、時間の壁が溶けてなくなるような感覚になるのでした。

マンションの壁と壁が両側にそそり立ち、上の切れ間から星が見えます。

すると私には、同じ星空を見つめている、遥か遠い未来の自分が見えるのでした。

星空を通して私は、未来の自分と話をしました。

大人になり、神社巡礼をするようになって、熊本のトンカラリンや沖縄のセーファウタキで同じ光景を見ました。

岩と岩にはさまれた狭い通路、狭い空間。それは胎内潜り(生まれ変わりの儀式)に通じるものだと気づきました。

福岡県の沖ノ島の海底や、出雲の日御崎の海底、あるいは各地の海底に?同じような建造物があると思います。

また、小学校の校舎と校舎のあいだに、低学年の子供が両手を広げたくらいの狭い空間があり、掃除用具を置くスペースになっていました。

掃除を済ませ、箒を片付けて上を見上げると、私の意識は飛んでしまいました。

校舎の壁の一面に、てんとう虫がいっぱ~い張り付いていたのです。

てんとう虫のマンションだ~~と思った次の瞬間、意識が別の世界に行ってしまいました(笑)

それは時間のない、とても美しい場所で、私はそこへ行くたびに

神聖でピュアで、どこまでも意識が広がるような感覚になるのでした。

日常に戻ったときの重さと言ったら!(笑)

でもすぐに慣れて、授業&おうちに戻るのでした。(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いちばんの転機となったのは、林間学校で八ヶ岳を訪れた時です。

満天の星を見て、私の心は感動で震えました。

今いる世界が、キラキラと夢の次元に変わってしまった感じです。

本当に空の隅々まで、星が埋め尽くしていました。天の川が見えて、円を描くようにして飛ぶ人工衛星までハッキリと見えたのです!

先生が懐中電灯で天を照らしながら、星座や人工衛星について説明してくれました。

私は踊るような気持ちで、みんなと宿舎に戻りました。

すると・・・・・とつぜん光ったのです!!

雷? いや外は晴れていますし、窓もない場所です。でもピカッと、ものすごく光りました。

空間そのものが光ったと言えばいいでしょうか。

私はきょとんとしていました。まわりの友達はふつうにおしゃべりしています。

だれも光には気づいていませんでした、私はその光を、黙って受け入れました。

大人になって、宇宙飛行士の本を読んでいた時に

あっ! と思ったことがありました。

スペースシャトルの中で眠っていると、突然ピカッと光ることがあるそうなのです。

その光は目を閉じていても見えるのだそうです。

完全に解明はされていないようですが、宇宙空間を飛び交う宇宙線が、宇宙飛行士の身体を通ったときに閃光が見えるらしいのです。

あの時八ヶ岳で私が見た光も、同じ質のものではないかと思いました。

何か物理的なエネルギーが、私の中を通り抜けた感じでした。

その3日後、私は急に≪目覚めて≫星占いの本を買いました。

まだ小学生でしたが、星について知ることが人間について知ることだと直観していました。

それからは楽しくてしょうがなくて、

広辞苑くらい厚みのある占い百科事典までみつけ出して、

夢中で学びました(笑) 

幸運なことに私の育った小金井市の図書館には、良書が揃っていました。

そんな様子を、光の主である宇宙人さんは微笑ましく眺めていたのだと思います(笑)

きっかけが宇宙人って・・・ウケますよね。

Photos_from_skistar
Photos from SkiStar

古代レムリアの魔法ドリーミング≪プロフィール≫ 第19話へつづく

|