« 古代レムリアの魔法ドリーミング≪プロフィール≫ | トップページ | ストロベリームーンでした♪ »

古代レムリアの魔法ドリ―ミング≪おそれを手放す≫

古代レムリアの魔法ドリ―ミング、第19話です。

とんでもなく長くなってしまいそうな、私自身のおはなし。

すみません、キョーミない相手の話を長々と聞かされるのって

なかなかのジゴクですよね(笑)

疲れる方は読み飛ばしてくださいね!

前回は不思議で美しい、光の世界の感覚についてお話しました。

でも私の体験は、すばらしいものばかりではありませんでした。

この世ではない、夢の次元から霊的存在が訪ねてくることもあったのです。

私はそれが好きではありませんでした。

子どもの私にとっては、恐怖でしかなかったからです。

今回はサーヤのブログとしてはめずらしく? 怖い内容が含まれるので

ドクロマークを3つ、つけておきます(笑)

ちょっと怖いですが、もしワクワクドキドキ読んでくださったなら

あなたを通して創造の光が、もっとスムーズに現われるようになるでしょう!

おそれを直視するためのエッセンスが、今回のお話に含まれています。

パワフルな魔法が、現れますように。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あれは・・・小学2年生がもうすぐ終わる、冬のことです。

大きな地震で真夜中に目覚めたことがありました。

眠ろうと思って目を閉じると、前から何者かが こちらに向かって歩いてきました。

何だろう・・・・

 

私の顔の真ん前まで来たので、怖くなって目を開けると

その人が・・・・目の前に立っていました!!!  きゃーーーーーcrying

よく見ると、一人ではありませんでした。

部屋の暗がりの中に十数名(?)いて、囲まれてしまいました。(汗汗汗 震震震crying

理由はわかりませんでしたが、核兵器で被爆した人たちでした。

怖ろしくて声も出せず、ふとんの中で震えていました。

彼らは何も言わずにただそこにいました。目を閉じていても開けていても、見えるのです。その恐怖感と言ったら!

私はこの体験を30年間・・・どうすることもできずにいました。

ただこの体験の直後、不思議な心の変化があり、

私は戦争について、積極的に情報を集めるようになりました。

あんなに怖がっていたのに。

理由はわからないけれど、戦争について知らなければならないと感じました。

広島にもいつか行こうと決めて、行きました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして30年過ぎたある日のこと。

突然、ほんとうに突然だったのですが、急にわかりました。 

かた~く閉じられていた蓋が はずれたみたいに。

『あの時の被爆者たちは・・・・過去じゃない! 未来から来たんだ!』

なんてことでしょう、戦争は過去のことだと思い込んでいたのです。

ニ度とそういうことがあってはならないと、私は強く思っていました。

「あの人たちは、私に伝えに来たんだ! きっと未来を変えるために、だ。」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

もし小学2年生のとき、この人たちは未来から来たんだとわかっていたら、

幼い私の心は恐怖と絶望で耐えられなかったでしょう。

ヘンな宗教や霊能者のところへ行っていたかもしれません(笑)

 

でも30年のあいだに、私は十分に学びました。

未来のシナリオはひとつではなく、枝分かれしていて、変えることができるということを。

私はただちにドリーミングをしました。夢の世界へ行ってシャーマンたちと会い、

進む未来を変えました。

と同時に、恐怖が消えたのです。お化けさんは、光の使者だったとわかったからです。

私の中にあった恐怖が、真実を見えなくさせていたのですね。

それにしても30年間って、、、長い道のりでした~~~(笑)

未来は変えることができます、過去の体験も。

なので安心してくださいねheart02 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

子どものころ、夜中に目が覚めてしまい、怖くなることはなかったでしょうか。

私は子どものころ、夜中に急に目が覚めて、漠然とした恐怖感や不安感で眠れなくなることがありました。

それは隣で眠っていた母の無意識、父の無意識、先祖の無意識、ご近所さんの無意識、

人間社会に渦巻く怒りや敵意や憎しみでした。

そういう自分由来ではないものをキャッチして、苦しむことがありました。

子どものころ、父や母やまわりに圧倒され、感情の境界線を十分に持てなかった私は

誰か別の人の思いを感じ取って、重たくなることがありました。

たまにサクッと呪われることも(笑)

本当の自分のスペースを保てるようになるまで、私は時間がかかりました。

でも、恐怖の体験の背後には

幸せや平和につながる、大事な真実があります。

封印している体験があると、人生が重たくなってしまうものです。

そんなときはドリーミングです!

おそれをみつめ、手放すことはパワフルな魔法になります。

ただ、自分の中にあるおそれを見つめるのって

認めることが難しかったり、少し思い出すだけでも苦だったりします。

タイミングが大事ですので無理はなさらないでください。

ゆっくり、やりましょうね。 happy01

Photos_from_skistar2
Photos from SkiStar

古代レムリアの魔法ドリーミング 第20話へつづく

|

« 古代レムリアの魔法ドリーミング≪プロフィール≫ | トップページ | ストロベリームーンでした♪ »

古代レムリアの魔法ドリーミング」カテゴリの記事