« 古代レムリアの魔法・ドリ―ミング【4】 | トップページ | 古代レムリアの魔法・ドリ―ミング【6】 »

古代レムリアの魔法・ドリ―ミング【5】

・・・これは夢の世界のお話(ドリーミング4の続き)です☆

「そうだ! 地平線の果てにある海まで行ってみようよ!」

背中に羽があるから、ひとっ飛びです! (笑)

桜桜桜・・・いちめん桜の花畑を、おしゃべりしながら越えてゆきました。

桜の地平線の果てに着くと、美しい海があって。

イルカさんたちが、お花見をしていました!!

波の上に顔を出し、お魚のごちそうを食べています。

あ! 一匹のイルカさんが 浜にいる私たちに気づきました。

「また来てくれたんだね! うれしいな! いっしょにお花見しよう。」

わーい!

魔法を使って、こんどは人魚に変身です。

「私は人魚」って思うと、次の瞬間には人魚になっています。

夢の世界は、イイですね!

海の中の宮殿までスイスイス~イ、泳いで到着すると

ひとりひとりのボーイフレンドが待っていました☆

ながーいテーブルに向かい合って座り、

すてきなすてきなお花見ディナーheart01

色とりどりのお魚の散らし寿司に、お魚でつくったスープ。

お魚パイに、お魚のかたちをしたクッキー!

わぁ~ おいしい、おいしいねって

みんなでおしゃべりしながら 食べましたヨheart01

すると最後に、イルカのボーイフレンドからサプライズのケ―キが!!

ケーキはチョコペンでデコレーションされていて

「あいしてる」と書いてありましたheart04

そしてイルカさんは、ほっぺにキスしてくれたのです。

おともだち一人ひとりを見ると、

みんなほっぺを桜色に染めて、と~っても楽しそう♪♪♪

恋って、魔法ですね。shineshineshine

(ドリーミング6へつづく)

|

« 古代レムリアの魔法・ドリ―ミング【4】 | トップページ | 古代レムリアの魔法・ドリ―ミング【6】 »

古代レムリアの魔法ドリーミング」カテゴリの記事